プレスリリース / ブログPRESS RELEASE / BLOG

ブログ
【日経考察】預金は遺産分割の対象外!?
2016.03.24

預金は遺産分割の対象外!?

「預金を遺産分割の対象にできるかどうか~で審理を大法廷に回付した」

(平成28年3月24日付日本経済新聞朝刊より抜粋)

 

意外!?と考える人が多いと思うが、実は預金は、原則的に遺産分割の対象とはならない財産なのだ。

遺言がない相続の場合、遺産分割は相続人らが協議してどの遺産をどれだけ相続するかを決めなければ、遺産を取得することはできない。

 

ただし預金は判例上、「相続によって当然に分割される」とされており、遺産分割協議の成立がなくとも、各相続人は各銀行から法定相続分の預金引き出しを請求できるのである。

(※実務的には金融機関が簡単には応じないので、弁護士・税理士等の専門家がサポートする。)

 

今回の記事は、この預金を遺産分割の対象にするかの議論を専門部会でするというもの。

 

実務的には、弊社でサポートしている案件でも、遺産分割協議に預金に含めるケースが圧倒的に多い。価値の異なる不動産、株といった遺産の不公平をなくすために預金を遺産分割の対象とすることは必要だからだ。

また不動産を相続しても、相続税は原則、現金で納税するため、その納税分の預金の取得も相続人にとっては重要だ。

 

引き続き、預金が遺産分割の対象外となるかどうか法廷の判断を見ていきたい。

 

相続・事業承継のファーストコンシェルジュ

税理士法人Bridge 

 

 


東京都港区浜松町の税理士法人 Bridge東京
東京都港区浜松町の税理士法人 Bridge東京
東京都港区浜松町の税理士法人 Bridge東京 東京都港区浜松町の税理士法人 Bridge東京

Bridge Group提供サービス

  • 独立会計士|東京都港区浜松町の税理士法人 Bridge東京
  • 女性会計士|東京都港区浜松町の税理士法人 Bridge東京
  • 経理女子|東京都港区浜松町の税理士法人 Bridge東京

東京都港区浜松町の税理士法人 Bridge東京