プレスリリース / ブログPRESS RELEASE / BLOG

ブログ
海外転出の際の課税に注意!
2015.07.02

平成27年7月1日以後に海外に移住する際、合計で1億円以上の有価証券等(上場株、未上場株、匿名組合出資、投資信託、デリバティブ等)を持っている方は、その含み益について所得税が課税されることとなりました。

この規定は、香港やシンガポールなどキャピタルゲイン(含み益)課税がない国に、日本の居住者が転出し、株等を売却した場合に課税されないことを是正することを目的として創設されました。

注意したいのは、有価証券等が日本の有価証券に限定されていない点です。海外投信などで時価が1億円以上ある場合も、上記の規制を受けるので注意が必要です。

 

国税庁 国外転出される方へ

https://www.nta.go.jp/tetsuzuki/denshi-sonota/kokugai/pdf/01.pdf

 

その他にも海外転出の際は、納税管理人の指定、国内財産の管理、処分、相続法の適用範囲の変更など留意する点が多いので、一度専門家に相談されることをおすすめします。

 

相続・事業承継のフルサポートパートナー  税理士法人Bridge東京

 


東京都港区浜松町の税理士法人 Bridge東京
東京都港区浜松町の税理士法人 Bridge東京
東京都港区浜松町の税理士法人 Bridge東京 東京都港区浜松町の税理士法人 Bridge東京

Bridge Group提供サービス

  • 独立会計士|東京都港区浜松町の税理士法人 Bridge東京
  • 女性会計士|東京都港区浜松町の税理士法人 Bridge東京
  • 経理女子|東京都港区浜松町の税理士法人 Bridge東京

東京都港区浜松町の税理士法人 Bridge東京